2016/08/13

7. 苫小牧から新日本海フェリーで新潟へ(名古屋発北海道行き)


さて、最後は新日本海フェリー「フェリーしらかば」に苫小牧から新潟まで乗船します。
この航路は、途中秋田にも立ち寄る寄港便で、比較的陸の近くを航行するので景色も楽しめて好きです。
僚船の「フェリーあざれあ」には2回乗船、こちらは初めてです。




苫小牧東港への連絡バスの運行形態が変更になっていました。(2015.7.1から)
今までは、JR沼ノ端駅経由苫小牧駅発着でしたが、南千歳駅発着に変更。
今まで、苫小牧駅付近が渋滞して電車にギリギリ間に合ったこともあり、電車の本数も多い南千歳駅に変更になったのは改善と言えるでしょう。




約45分で苫小牧東港フェリーターミナルに到着しました。



インターネットで予約しe乗船券を取得していたので窓口での手続きは不要です。
すぐに乗船口でバーコードスキャンの後乗船しました。



今回利用したのはステートルーム4人部屋。A期間でしたので貸切料金は発生しません。




1930予定通り出港。




船内中央には「フェリーあざれあ」と同様に美しい螺旋階段があります。



こちらはカフェラウンジ。ビンゴ大会やイベント会場になります。
ちなみに、今回ビンゴは全然ダメでした。





夕食はビーフシチューにしました。お肉がとても柔らかく煮込まれていました。










この旅は、ずっとお天気に恵まれていましたが、
翌朝起きたら海上は荒れ模様。
フォワードサロンの窓越し写真です。
7時すぎ、秋田港入港の準備が始まっています。



0715僚船「フェリーあざれあ」と行き合いました。



0745秋田港に入港







朝食は、売店で購入したパンやヨーグルト、トマトジュースなど。





ちょっと船内探検
5Fのビデオシアター。映画上映しています。



螺旋階段の最上部



4F左舷側のプロムナード、レストラン前。






船内クイズラリーに参加しましたが、1問凡ミスで敗退。







1110 飛島 (ちょっとキビシイ写真ですが。。)
秋田の飛島は今年の春に行くチャンスがあったけど実現しなかったのです。ぜひ行ってみたい。








今回、お天気が悪かったので、特によくお世話になったフォワードサロン。






船室にあった「通過ポイント時間」
大変参考になります。そして今回のような悪天候でもかなり正確な時間で運行されていることに感心するのでした。







お昼はやっぱり「海老味噌ラーメン」♡
今回「そばうどんフェア」をやっていたので、そちらにも惹かれるものがありましたが、それでもやっぱりコレにしました。





13:26 粟島 3月に訪れた時のことを思い出します。








そして、新潟港に入港



佐渡汽船のジェットフォイル「すいせい」


「カーフェリー ときわ丸」





ターミナルに展示されていた「らいらっく」の模型



帰りも富山地方鉄道の高速バスを利用しました。



12 件のコメント:

  1. 蹴球閑人8/15/2016

    私も「フェリーしらかば」の階段あたりのインテリアは、いい感じだと思います。本船は、先代にあたる「ニューしらゆり」のDNAを多少は受け継いでいるようです。自分は写真を撮ってませんが、こちらに船内の写真があります。

    http://idyllicocean.com/shipsdb/reports/rp_nwshirayuri0002.php

    階段、レストラン(天井にも注目)、フォワードサロンなど、ウッディでシックにまとめられていて、とてもフェリーとは思えません。

    新日本海フェリー様、復活希望ですw

    返信削除
    返信
    1. 「ニューしらゆり」素晴らしいですね。階段の意匠の凝っていること。レストランの天井照明はシャンデリアのようです。
      来年、新造船がデビューするようですが、順番からすれば「フェリーあざれあ」「フェリーしらかば」が引退ということになるのでしょうか。残念です。
      新造船はどんな感じになるでしょうねぇ。

      削除
  2. はじめまして。hi-centigradeと申します。以前より、数々の乗船記楽しく拝見させて頂いております。

    実は、2日前の8/13(ちょうどこの記事が掲載されたと同じ日)に「フェリーしらかば」に乗船いたしました。さらに、往路は名古屋から太平洋フェリーを利用し、昨日帰宅したばかりのところでこの記事を見つけ、感激ままならずコメントを投稿させていただく次第です。

    「フェリーあざれあ」は今年5月に乗船いたしましたが、両船とももう引退なのですね。

    粟島には行かれたということで、いいですね。

    私もこれから離島にもチャレンジしたいと思っており、船内の「通過ポイント時間」を見て、飛島、粟島をバッチリ押さえました。

    こちらは、当方の下記ブログにて随時アップしていこうと思います。
    http://hi-centigrade.blogspot.jp/

    徒歩乗船の船旅5年程度の新参者ですが、今後ともよろしくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. hi-centigradeさん
      はじめまして。コメントありがとうございます。
      新日本海フェリーと太平洋フェリーは、ちょっと乗っていなかったので今年はどうしても乗りたく、また他にもウロウロとしてまいりました。
      「フェリーあざれあ」「フェリーしらかば」は古さを感じさせない船内インテリア、そして寄港便のため陸地近くを航行するので景色も楽しめていいですね。
      離島航路はハードルが高いですけど、楽しいです。

      私もフェリーは乗り始めてまだ5、6年です。こちらこそよろしくお願いします。
      よろしくついでにブログのリンクもお願いします。
      hi-centigradeさんの今航海記も楽しみにしていますね。

      削除
    2. mayukiさん

      新日本海フェリーの小樽行きは陸から遠くを通ってしまうので、その点寄港便はやはり魅力がありますね。

      離島は奥尻島は江差線がまだあった頃、鉄道でアプローチしたかったのですが、都合がつかず断念。
      同じく北海道の天売島・焼尻島も欠航で断念いたしまして、やっと5月に下関の六連島に上陸できました。

      ブログのリンクの件了解いたしました。こちらにも相互リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

      よろしくお願い致します。

      削除
    3. リンクの件、早速ご了承いただいてありがとうございました。
      ところが、こちらのリンクリストガジェットの調子が悪く、いろいろ試みてみましたがうまくいきません。また日を改めてやってみたいと思います。申し訳ありませんがしばらくご猶予ください。

      削除
    4. リンクリストガジェットは私の方でもうまくいきませんでした。

      "Gadget Link List is not working”でググると1週間くらい前からそのようなことがあるそうです。ググって出てきた対策をいくつかやってみましたがうまくいかず、結局今回はテキストガジェットを使ってリンクを作り直しました。(見た目はリンクリストガジェットとほとんど変わりません。)

      ブロガーはたまに何か不具合があって、数日したらいつのまにか直っていたりするので、日を改めてやってみるのでよろしいかと思います。

      ご挨拶からコメント欄を長くして申し訳ございません。

      削除
    5. 今やってみましたら、ようやく直ったようで、リンクできました。
      確かにブロガーはたまに不具合があるようですね。そうなると私のように訳もわからず利用しているものはお手上げです。
      テキストガジェットを使う方法。。そういうやり方もあるのですね。

      こちらこそ、始めからアクシデントもありましたが、改めてよろしくお願いします。

      削除
  3. こうじ8/16/2016

    新日本海のビーフシチューは690円ですか。お値打ちですねぇ。
    いつかは北前航路に乗りたいのですが、なかなか機会がないです。
    歩けるうちに乗りたいですw

    返信削除
    返信
    1. 690円はシチューだけのお値段で、ご飯や他の小鉢を含めると1,190円でした。(レシートが残っていましたので確認w)
      それでも、オレンジの豪華さにはかないません。
      涼しくなったら、また南方面へ出没したく、オレンジのビーフシチューも早く食べたいです。
      新日本海フェリー、そちらからでしたら舞鶴や敦賀から乗船できますね。より長く航海が楽しめていいな〜

      削除
  4. まゆきさん

    夏バテなどしていませんか?

    いつも興味深い旅をされていますね!(^^♪

    太平洋フェリーは「きそ」が好きです。

    何度か名古屋⇒苫小牧、苫小牧⇒名古屋の片道乗船しましたが、今度は、連続往復の5日間乗船してみたいです。
    最近は仕事のストレスで、ただ、ぼ~と海を見ているだけで良い心境です(*_*;

    返信削除
    返信
    1. 私は夏生まれのくせに暑さにはめっぽう弱く、このところダラダラと過ごす毎日です。

      naoさんは、お仕事お忙しいでしょうが、お体には気をつけてくださいね。
      太平洋フェリーだったら、名古屋〜苫小牧往復なんていうのもいいかもしれませんね。飽きっぽい私はちょっと無理かもしれませんが。。
      そうそう、例のご乗船もうすぐではないですか?帰ってこられたら、また航海記楽しく拝見させてください。

      削除