2018/03/12

鷹島汽船「たかしま」、「フェリーたかしま2」に乗る(佐世保〜平戸〜松浦〜八幡浜 4 )

《2018年2月22日 松浦→鷹島→松浦→博多》

この日は鷹島汽船の船に乗って鷹島へ行きました。
まず、松浦駅からMR(松浦鉄道)に乗ります。
荷物は宿泊したホテルに預けました。


3日連続で乗っているとだんだん愛着が湧いてきます。

今更ながら時刻表ももらいました。もう、改正間近なのですが。。w

松浦駅から伊万里行きに乗って、3つ目の駅「鷹島口」で下車。


ここから鷹島汽船のフェリー乗り場までは徒歩約2分。

乗り場の向かいにあるお店の看板ワンコさん。可愛いかったなぁ〜。

唐津街道を渡って乗り場へ行きます。



まず、ここ今福から鷹島の殿ノ浦へ、この「たかしま」に乗ります。

後部デッキから乗船するタイプです。こんなものが積まれていました。何だろ。

船室は前後に別れたタイプです。
2016年3月に竣工した、まだ新しい船です。


1000時出港。途中飛島に立ち寄って、

25分で鷹島の殿ノ浦に到着。

さてと、散策開始。

程なくして、こんなニャンコに遭遇。
ちょっと遠かったのでズームしていますが、綺麗な毛並みの猫です。飼い猫かな?

鷹島も高低差が結構厳しいです。
歩き始めて20分ぐらいで、こんなに登ってきました。

もう少し歩くと、松浦市役所鷹島支所の所まで来ました。

向かいに商店、近くには小学校、中学校、JAなどがあります。

護国神社

この後は、ほぼ平坦な道が続き、阿翁浦が見えてきたら一気に下り坂。

港には、こんな可愛いモニュメントが。次回はとらふぐを食べに来よう。




帰りは、この港から「フェリーたかしま2」に乗ります。
阿翁〜御厨航路についてはコチラを参照

切符を買おうと窓口へ行ったところ、行き先を聞かれ運賃を払ったら「どうぞ」と。切符も何も渡されないのです。エ〜〜〜ッ!!

乗船すると、船室には私一人貸切状態です。
船から見ていたら、出港間際に乗ってきた方がおられましたが、多分下のバリアフリー客室におられたのか上がってこられませんでした。

この船は、平成14年就航のちょっとレトロモダンな内装です。



1210出港〜〜

1225黒島に到着

黒島を出港したところで、お昼にしました。
昨日、平戸のお店で購入した地元のパン。隣の方が買っていたのでつられて買ってしまいましたが、美味しい。

1240船唐津(鷹島)到着

1305青島到着。ここから何人か乗ってこられました。


そして、1325御厨に到着。下船しました。
1時間15分の船旅でしたが、何箇所か寄港するのと、島が多く変化に富んだ景色も楽しめる面白い航路でした。





港から歩いて10分。MRの御厨駅に着きました。この駅は薬局の一部が待合室になっています。





松浦駅に帰ってきました。ここで荷物を受け取って、また移動する予定ですが、次の電車まで時間があるのでちょっと休憩。
松尾農園(Matsuo Nouen+Coffee)と言うお店です。一瞬何屋さん?という感じですが、カフェです。道を挟んでお向かいに種苗園芸店があって、その喫茶部。
とても美味しいカプチーノでした。

私が入店する前から居た女子高生が3人、受け取った珈琲カップを持って楽しそうに店を出て行きました。その後ろ姿を見送りながら「彼女たちにとっては、ここがスタバのような場所なんでしょうねぇ」とお店の方と話していました。スタバというのは比喩として言ったのですが、いやいやそれよりずっと素敵なお店です。

そして、ここにはウーパールーパーがいるんです。実際に見たのは初めてですが、正面から見るとカワイイ顔をしています。

美味しそうな焼き芋!もあったので、おやつに1本買いました。最近の旅では常に何か携行食を持つようになりました(行き倒れにならないようにw)




では荷物を受け取って、MR伊万里行きに乗ります。

伊万里でJRに乗り換え。



伊万里駅に来たのは初めてですが、JRの伊万里駅って意外に小さいのですね。



唐津で筑肥線に乗り換え博多まで。途中の姪浜から地下鉄空港線に乗り入れます。
この路線は乗車したことがありますので、のんびり行きます。


0 件のコメント:

コメントを投稿