2017/10/05

新日本海フェリー「らいらっく」に乗船(名古屋発東北・ちょこっと北海道への旅 7 )

《 2017年9月14-15日 苫小牧→新潟 》

南千歳駅に戻って、1825発 新日本海フェリーの連絡バスに乗りました。
約40分で苫小牧東港に到着。「らいらっく」に乗船します。
以前、小樽〜新潟〜敦賀航路に就航していた時は「ゆうかり」に2度乗船しましたが、この船に乗るのは初めてです。


エントランスは、もうハロウィン。

客室はステートルームB和室を選びました。


1930 出港。連絡バスで来ると少々慌ただしいです。


無事出港を見届けた後、レストランで「十勝ホエー豚ジンギスカン風セット」に舌鼓を打っているところへ「8時からビンゴ大会を行います」との船内放送がかかります。
え〜〜っと思いながら、急いで食べてビンゴ会場に行きましたが、今回も残念ながら当らず終い。こんなことなら、もっとゆっくりと食事を楽しめばよかったな〜っと。
もう、後はお風呂に入ってお休みなさいなのです。





翌朝6時頃目が覚めました。昨夜はよく寝ました。
秋田入港を見るべく後部デッキへ出てみると、いい天気です。



わっ、虹が出ています。それも2重。

そこにいた皆さんで虹の撮影会となりました。


な〜んて幸せな雰囲気の中に、突然Jアラートが。




もうすぐ秋田港。というところで僚船「ゆうかり」との反航。
と、その瞬間に2回目のJアラート。



船は何もなかったかのように、いつもの通り秋田港へ入港します。

屋根の上のペイント。初めて見たような気がしますが、前からありましたか?

定刻0735 秋田港に入港接岸しました。

ここまで見届けたところで朝食。



そして、0835秋田を出港。


海を眺めながら「あまざけ」をいただきます。
売店で見つけたのですが、製造元は八海醸造。最近流行りの発酵食品です。



1050頃、飛島が見えてきました。


飛島の写真を撮っている時、隣で双眼鏡を覗いていた青年と話をしました。今回若い男性の団体が乗船していたのですが、その一員で仕事で乗っているとのこと。飛島の話をしたり、双眼鏡で見てみます?と貸してくれたりと親切な方でした。
船内に入る時に、もう一人のお仲間が扉を押さえてくれていたりと親切な方ばかり。



お昼は、ビーフカレー。
太平洋フェリーの賄いカレーとの食べ比べです。どちらもよく煮込まれていて美味しいのですが、個人的には太平洋フェリーの方が好みでした。
日本海フェリーのお昼は、やっぱり海老味噌ラーメンがいいな。




1320頃、粟島沖を通過。良いお天気です。                   


その後は、フォワードサロン「ラプラージュ」で水平線を眺める。





1500過ぎ、そろそろ新潟港です。
佐渡汽船 「つばさ」と反航しました。


1530定刻に新潟港へ入港。
下船のアナウンスの際に、車両甲板へは陸上自衛隊を優先するという旨の案内がありました。このアナウンスを聞いて、初めてあの団体は自衛隊の方たちだったと気がついた私です(←かなり鈍い)





下船して、末広橋バス停から路線バスに乗車。

万代シティバスセンターで下車して、UCCカフェプラザで休憩します。

秋フェアメニューの栗とイチジクの抹茶あんみつ。美味しい。


1730発の高速バスに乗りました。5月に乗った時は満席で4列シートではちょっと厳しかったのですが、8〜9月は増便していたので席に余裕がありました。

途中、米山SAで休憩。
こうしてこの旅は、高速バスで始まり高速バスで終わったのでした。



2 件のコメント:

  1. 二重の虹がなんともいいですね!
    こんなシーンに立ち会いたいです。

    一度は乗ってみたい新日本海。
    敦賀から新潟なら実現できるかな。。

    返信削除
    返信
    1. 海の上はスケールが違いますね。こんな完璧な虹を見たのは多分初めてです。

      新日本海フェリーの敦賀ー新潟航路ですか。なかなかシブイ。
      でも、12時間ほどあるそうですから、結構楽しめそうですね。

      削除